VMWareの時刻のずれまとめ

VMWareにCent OS5を入れたところ時刻のずれが激しすぎて困ったことになることが判明。
#VMの仕組み上仕方がないところもあるのだけど。

  • 環境

Athron64 X2 6000+
#この環境固有の問題もあるみたい

  • 解決方法

基本。普通はこれだけで時刻のずれは解消できるはずなのだけど。

    • ブートオプションを変更

/boot/grub/menu.lstに

kernel /vmlinuz-2.6.18-8.el5 ro root=/dev/VolGroup00/LogVol00 rhgb quiet clock=pit noapic nolapic

というように

clock=pit noapic nolapic

という記述を追加する

    • プロセッサ数を1個にする

デュアルコアだからといって、Guestに2つのプロセッサを与えない。
与えるとTSCの都合で時計がどんどんずれる。らしい。

    • AMDのユーティリティをインストール

TSCからのクロックの取得周りのバグを回避するためのユーティリティをWindowsに入れる
AMD Dual-Core
http://www.amd.com/us-en/Processors/TechnicalResources/0,,30_182_871_9706,00.html

    • NTPでの時刻の同期を止める

のです



[参考]
http://as-is.net/blog/archives/001195.html
http://72.14.235.104/search?q=cache:t4SghBn2QDAJ:www.hinet.mydns.jp/tdiary/%3Fdate%3D20070726%20vmware%20athron%20x2%20%E6%99%82%E8%A8%88&hl=ja&ct=clnk&cd=1&gl=jp&lr=lang_ja&client=firefox-a